calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

大垣城

IMG_4952.JPG

 

築城年 明応9年(1500年)?
築城者 竹腰尚綱

 

スクリーンショット 2019-04-19 16.50.55.png

場所

 

大垣は、ムーンライトながらの終着駅だったりして、馴染みはあったのだけれど、次の目的地に急いでしまったりで、いつも忙しなく通り過ごしたり、朝早すぎたり夜遅すぎたりし、目と鼻の先の大垣城に行けずじまいだった。

 

IMG_4951.JPG

 

IMG_4956.JPG

 

ようやく登城。

 

登城というより、水堀を幾重にも重ねた平城だったようで、すすす、と商店街の脇から店主に近づけてしまった。

 

維新後、お城の役割を終えて以降は、周囲の曲輪は公共施設(学校、役場、各種官庁)が入り、市街化整備でいろんなものが埋め立てられ、水堀も流れが変わったり、あん許可が進んだのだろう。お城としてのぱっと見は、正直なところ見る影もない。

 

IMG_4955.JPG

 

IMG_4961.JPG

 

が、余裕を持って街を散策すると、現在の駅前からすぐあたりから、国道1号線に変わった中山道近くまで、ずわーんとお城だったことがわかる。水を引き込み、幾重にも堀を配し、ただの平城というより、総構えレベルだったかと思う。

 

IMG_4967.JPG

 

IMG_4971.JPG

 

総構えでおなじみの松本城は、天守が立派なのと現在の市街中心地から程よく離れていたこともあり絵になるけれど、

大垣城はビルの間のラーメン屋のような有様で少々切ない。が、大垣城の縄張りを歩いて実感でき、今後も貧乏暇ありで、ムーンライトながらのお世話になることを考えると、大垣城を見直すことができ良かったと思う。

 

IMG_4972.JPG

IMG_4979.JPG

IMG_4960.JPG

 

現在の大垣市は、大垣城より松尾芭蕉をフューチャーしている様子だけれど、一昔前は、大垣城の旧城域をウォーキングコースにしていたり、ゆるーく支援していた様子。おかげで、城域や各拠点などが飲み込めた。ぜひぜひ鉄道の乗り換えついでに皆さんにも出かけていただきたいなぁ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック