calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

///県大会///

 

///県大会///

二階で娘と外を見ていると、夏休みにスーツケースを貸してあげた女の子がご両親とご来店、なにやら用事がありそうなので店に降りて、いらっしゃいませ!と挨拶すると

「英語のスピーチコンテストの県大会に進んだので、聴いていだだけないでしょうか?」

とのこと。

英語のスピーチコンテストの実践練習の聴き手ならば、私より適任な方が何人も浮かんできたけれど、相談に来てくれた事が嬉しく拝聴した。弟さんに起きたある出来事と、その出来事がどのような顛末になり、彼女が感じたこと、伝えたいと思った事を約5分間でスピーチしてれた。

彼女も付き添いに来てくださったご両親も、英語の発音や抑揚などのチェックを私に期待していたのかもしれなかったけど、私自身の英語がそもそもさっぱりだし、スピーチから、弟思いの彼女と、伝えたい核心が僕に届いたので、英語の訂正に関してのチェックであれば僕は適任でない事を伝えた上で、

英語のスピーチ大会だから、綺麗な英語も重要だけれどそれは要素の一つ。でも、相手の目を見て、ゼスチュアなどを交え、あなた自身が伝えたい気持を持って、相手に伝わるようにスピーチする事がより大事。

弟思いの君の姿と、スピーチの中で君が伝えたい事を胸に留めて人とコミュニケーションしたいと思うよ、君のスピーチは僕には届いたよと伝えた。

「大会」となると、壇上から距離をおいた審査員席にスピーチしなければならず、県大会ともなると緊張するかもしれないけれど、胸張って会場で思いを伝え、また店に大会の様子を伝えに来てもらいたいなぁ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック