calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

名護屋城

名護屋城

築城時期:  1592年 天正19年
築城  :  豊臣秀吉

豊臣秀吉が築いた朝鮮侵略への巨大前線基地。


突貫工事で僅か8ヶ月で造られたうえ、唐津城築城の
材料どり、島原の乱後の本格的な城の破却などを経てはいるものの、
いまだに巨郭の雰囲気を残しています。






大手口から東出丸に上るように入城します。




東出丸からは鯱鉾池(しゃちほこいけ)を見下ろすことができます。
水は入っていませんが、名護屋城遺構としては、唯一の堀だそうです。



東出丸の崩れかけた石垣



本丸を右手に、三の丸を進んでゆきます。



三の丸からみた崩れかけた本丸の石垣。



名護屋城は増築を何回か行っており、現在のこる本丸内に初期の名護屋城の
石垣が埋まっていて、丁寧に展示されています。



本丸から遊撃丸、そのむこうに玄界灘を望みます。
本丸からの景色はすばらしいです。



発掘中の本丸。瓦みたいなものが散らばっています。



遊撃丸から二の丸入り口を見たところ




本丸西側。これは破却の痕でしょうか?



搦め手の虎口




古城の雰囲気をかもし出す、崩れかけた馬場の石垣



馬場を歩きながら本丸石垣を見上げます。。

陣屋跡など、たくさんの史跡が名護屋城の近辺にはあるようですが、
名護屋城の博物館と、お城をゆったりまわっているだけで、なんか
おなかいっぱいになってしまいました。

日本有数の規模を誇る城でありながら、これだけひなびた感じを出している
城も珍しいのではないですし、これだけの規模の城を8ヵ月程度で
築き上げてしまった秀吉の財力、築城を指揮した人々の能力の
計り知れなさを感じることができる。すばらしい城だと思います。

秀吉って相当人を操る術に長けていたんだろうな。。。最後の最後の
朝鮮侵略は余計だったけどね。。。



コメント
コメントする