calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

紅葉

 

紅葉

 

 

高山の中心部にも秋の色が濃くなってきた。

 

 

スタッフが店を切り盛りしてくれる日曜の午前、散歩に出かけた。

 

 

妻か私のどちらかが店に立ち、店の中か上の2Fで子守をするパターンは気楽な反面、どちらかが店に立たねばならず、せっかくの晴れた日に出かけられないのが玉に瑕。お客さんが来なさそうなので、出ても良いのだけれど、そういう時に限って一時保育で預けたりしていて、家族そろって昼間に自由になれる時間が少ない。

 

 

去年の今頃、ようやく一ヶ月の制限がなくなって外出できるようになり、見上げた空の青さや山々の色を思い出す。高山の紅葉は、家族としてようやくヨチヨチ歩きを始めて始めて見上げた事、未来を写しつつ、強く家族が無形のものを共有した実感がある。言葉にはしないが、妻も同じようなことを感じて、来年もその次の秋も思い返すことになると思う。

 

 

一歳一ヶ月を過ぎた娘は、独り立ちして歩き出したものの、言葉としては、中国語で「ネーネー(おっぱい)」という言葉しか発することができていないが、喜怒哀楽の使い分けや、特定の言葉やゼスチュアの結びつきや関連性が出てきて頼もしい。店を出てゆくお客さんにバイバイをする看板娘は、他の店を訪れた時に、その店の出入り口ベルが「カランカラン」と鳴ると、振り向き反射的に手を振ったりする。

 

 

台北はもちろん、東京からも離れた高山に住んでしまったので、頼る親戚家族カードは無い。けれど、娘の小さな変化にも気づくことができて、そのままだと囲い込んでしまいがちなところを、店が忙しい時にお客さんに娘を抱いてくれてくれたりして、解消されているところもある。

 

 

山の上から降りてきた秋を家族で楽しんだ午後は、忙しくも店も、私の物販もボチボチの売り上げがあり、ささやかな外食を楽しんだ。

 

 

昨日のタスクリストが2割り増しくらいになったのだけれど、整理すればなんとかなるような気もする。

 

さぁ、もう一息頑張っていこう。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック