calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ラクサ アイスカチャン コーヒー

IMG_9606.jpg

 

ラクサ アイスカチャン コーヒー


昔から私のブログをご覧になっている方は、SFO-NRT-SINを頻繁に往復しているとき、チャンギに空港泊しながら、ラクサとアイスカチャンを貪るのを呆れてみていた方も多いと思います。

 

 

「あ、運び屋、いっちょまえに人の親になって、シンガポールの味を忘れたんかい。。」

 

 

と悲しまれている方もいるかもしれませんが(いねーよw)、今回、適当に散歩して、適当に立ち寄った(駅直結で雨に濡れなさそうだった)フードコートが、おそらくチャンギのそれと同資本で、チャンギで慣れ親しんだメニューも各ブースの構えも同じ。お味もそっくりだったこともあり、いつもの食べ物を貪ること、一部を家族に味わってもらうことができました。

 

IMG_9674.jpg

 

外国人としてこの国に住むには相応な仕事量を求められそうで、それに応えられる能力が自分にあるかが疑わしいし、銀行やクレジットカードの広告ばっか、金使え使えの「明るい北朝鮮」とシンガポールを小馬鹿にしている自分がいるのだけれど、真っ当に真面目に生きている人、足掻きながらも笑顔でいる人もたくさんいて、悪くないなぁ。なんて不覚にも思ってしまいました。

 

IMG_9631.jpg

 

IMG_9669.jpg

 

IMG_9638.JPG

 

GRABなんかが全盛な反面、うまくバスや公共交通機関を使うことに加え、自分たちで歩いてしまえば、ストレスがなく、やっぱり安全だし(笑)、気持ち良く旅ができたシンガポール。

 

 

次で家族で来るときは、もう少し稼いで、窓なし部屋の小さな部屋の小さなベッドに親子三人が体を寄せ合って泊まるような旅でなく、水漏れがドボドボ天井から落ちてくるような部屋でなく、シンガポールの陽光が差し込んでくるような部屋に泊まろうと、軽めに心に誓ったのでした。


コメント
コメントする