calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

生き残れ 017 コロナ後半戦? 中盤戦?の世界

IMG_3895.JPG

 

生き残れ 017  コロナ後半戦? 中盤戦?の世界

 

大陸における新型肺炎のへの対処、新規罹患率の低下の流れをウオッチしていると、民主主義が試されているような感じがしてきた。

ことが起こった時の制御統制力が最強の中国が、今回の新型肺炎による難局を真っ先に乗り越えたとして、時間差で中国の外でパンデミックが起き、他の国の対応がもたもたしているうちに、大陸が日常を取り戻してしまったら。。。

 

 

汚染され、回復しようにも、危機を乗り越えようにも、民主主義国家と言われている国々が結束して、収束させられないのであれば、「人権が制限され統制された国の方が危機に対応できる」という前例を歴史に残すことになる。

 

 

新型肺炎の影響が、それほど酷くないとか、ある時期が来れば治(おさま)るなんていう人もいるが、そんな夢オチのような展開になるだろうか?

 

 

一部の方がおっしゃる「たかだか、新しいインフルエンザの一種」程度のモノ。。。

 

 

それを封じ込める為に、都市機能、いや国の機能を止め、13億人の経済活動を停止したり、一部の産業が壊滅するような対策。。。

この二つのギャップを埋める情報がどうしても手に入らない。

 

 

このままだと、特効薬が出てくるまで、世界は

 

 

「新型肺炎に苛まれるも、乗り越えた国」
「新型肺炎に対応するも、防げなかった国」
「新型肺炎を未然に食い止めた国」
「新型肺炎に対し、何もできなかった国」

 

 

に分けられるようになりやしないか?

 

 

なんて思う。


移動することで飯を食ってきた自分からすると、その国のルールの変更や厳密化を前にして、なんと無力なことか。。。なんて今まで自由に旅してこれたんだよ。。。なんて狼狽えてしまうが、いい時代だったんだなぁ、などと感慨に浸ってしまうくらいだ。

 


おっと、話が逸れた。

 

 

さて、世界がもしその国々の取り組みで、ランク分けされるようになった場合、のんびり構えた人たちも、流石に自分が立っている地平を疑ったり、考えたりするのではないだろうか?その時、どんな行動を我々は取るのだろうか。。

 


いろんな意味で、大陸、韓国、日本、台湾を比較しながら、どうなるのか?どのように民主主義というか、その国々の政治体制が機能し、対応してゆくのかをまず、注視してゆきたい。

 


さて。。。そのあとの展開いかんによっては、

 


日本でも、子供を育てる為とか、よりよく商売をする為に住む国を選ぶようになったり、国内でもリーダーシップが効いている場所に住み替えることが増えるかも。。なんて感じる。

 

 

高山に住んでいて感じるのは、四方を山に囲まれていることで、

 


仕事をするのも、子供が通わせる学校も、生活する場所も全て高山。その首長を選んだりすることの生々しさ、何かトラブルが起きた時の、生活や市政への直結感が首都圏に住んでいた時と違うのが面白い。

 


そして時々、めんどくさい。

 


今は体力を温存しつつ台湾にいるが、生き残って、次の時代で奮闘してやる。


コメント
コメントする