calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

生き残れ 021 適者生存なんていう言葉は好きじゃないですが。。

生き残れ 021  適者生存なんていう言葉は好きじゃないですが。。
「こういう時はさ、死んだふりして、世の中が以前の状態になるのを待とう。」
そんな「願い」に頼って、不安を増幅している方は、会社が潰れる寸前なのに、ビジネス書なんてかいたりして足掻いている、ファシリテーターをさせていただいている会社の社長!というかリーダーの是非読んでみてください。
時間に余裕がある方は、バンバン哲学書を読みまくって、現代のビジネス書の盲点や圧倒的に欠けている箇所を真剣に考えましょう。
あ、僕は魚釣りに行きます!
——————————
「ニューノーマル」「適者生存」
著者には内緒ですが、これってあんまり好きな言葉じゃありません(笑)
が、
人の移動がままならなくなってしまった今、いくつかの事業の継続を断念した上、これまで海外企業研修(私がファシリテーターを務めていた研修!)を完全にゼロから見直す、見直し改革しても事業が続けられるかが見えない窮地に、著者の豊田氏は立たされています。
でも、著者は立ち止まらない。時々、美女と食事をしつつも、執筆し、情報発信、人を巻き込むことやめない。
オンライン化や在宅勤務なんてものは、全ての人が取り組んでいる事で、世の中全体のバージョンアップに過ぎません。
ズバリ、次の時代に生き残るのは、
「死にかけること」だと思います。
「死んだふり」ではない。
更に、死にかけながら考える。
思考を止めずに突っ走り、存在感を際立たせている著者と一緒に、しばらく死にかけて行こうと思います。
この本を読み、不安はパッと消えました(笑)。テンション上がった。
もう一度、今年の冬に一緒に入ったヘルシンキのサウナに帰り、
「あー、生き返るー」
なんて言えるよう、
状況の深刻さ、死にかけ度合いにかけては負けていない私も、
近所の死にかけ仲間と一緒に、考える事をやめずに行こうと思います!

コメント
コメントする