calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

木曽空き家プロジェクト Day - 057 旅人の壁。 / Kiso Project Vacant House Day-057

xx17759967_10212324264965740_8969133132825784721_n.jpg

 

木曽空き家プロジェクト Day - 057 旅人の壁。 /  Kiso Project Vacant House Day-057

 

為了迎接來自世界各地的旅人,在餐廳的空牆上弄了一面軟木,用剩下的木頭亂貼成框,然後釘上世界地圖與許多旅行的回憶。歡迎大家來一起來把這面牆貼滿!

 

xxIMG_8288.jpg

 

世界中からの旅人を迎える為に、世界地図の壁をダイニングに作りました。コルクシートの周りに、家に残った木をランダムに切って貼って枠とし、地図と旅の思い出をピンでとめていきます。

 

xxIMG_8286.jpg

 

xxIMG_8287.jpg

 

xxIMG_8289.jpg

 

xxIMG_8290.jpg

 

お土産は買わないし、LCCを乗りつなぐ、できる限り荷物を減らそう系旅行だったため、旅の思い出にもなる航空券の半券やらはほとんど捨ててしまってるのだけど、確定申告のためにとっておいたほうが良いかな?なんて思っていたものなんかが少し残っているので、イランとイラク航空の航空券やら、アリラン祭@平壌なんかをついでにペタペタしておきました。面白い旅がらみの何かが加わったら追加していきましょう。


Livin' On The Edge

xxFullSizeRender 2.jpg

 

Livin' On The Edge

 

木曽の崖屋というと木曽川沿いの景色が有名なのだけど、駅から降りて目の前の家々も実は崖屋造り。木曽福島の駅前の表通りの道路側からでは気付かないのだけど、後ろから見るとなかなかすごい。

 

写真の居酒屋も駅の並びのうちの一件で、表から見ると2階建な建物なのですが、裏から見ると3階建。その下は木曽だけに、崖の傾斜しにザクザク刺さった基礎と支柱。崖に生き、崖に暮らす木曽スタイル。

 

Livin' On The Edge

 

この辺りも空き家が目立って、いろいろご紹介もいただいたんだけど、崖な地勢ゆえに庭はおろか、土がないために、建物から離れていない場所に浄化槽をつけにくいのだと思う。よって、木曽福島のど真ん中にもかかわらず、簡易水洗の家が多い。

尾道の空き家プロジェクトの方が「尾道を空き家だらけにしたのは、汲み取りだよ」とボソッとおっしゃっていたことを思い出す。壁のシミや雑な漆喰は、古民家の「味わい」となって家の一部だったりするけれど、汲み取りや簡易水洗はやっぱり、賃貸にしろ、購入にしろ二の足を踏んでしまう。

 

移住を考えている人が、

 

ただみたいなもんだけど、汲み取り

 

xxFullSizeRender.jpg

 

という家に巡り合ったとする。家はただ同然で手に入っても、移住促進の工事やリフォームの補助金は、それで使い果たしてしまう。。。。ほどの費用がかかる。よって、やはりそういった家は誰もが敬遠してしまい、申し込みがないという状態が続いてしまう。

そして、そういった屋根はあってもありがたいし、お値段も激安なんだけれど、汲み取り、工事費は下手すると家の価格の半分。みたいな家ばかりになる。そして、そんな状況をわかってかわからないでか、移住者向や二拠点住居を進める施策は、新しい家を用意したりするような、空き家活用との併用になる。

 

よって、地方の空き家はなかなか埋まらない。

 

ワークライフバランス、地方のいいところ、悩ましいところに関しては、思うところもあるので、心の平穏が訪れ、心がざわざわしなくなった時にいろいろ書いていきたいと思っています。


木曽空き家プロジェクト Day - 055 磨きがかかるはず。 / Kiso Project Vacant House Day-055

xxIMG_8237.jpg

 

木曽空き家プロジェクト Day - 055 磨きがかかるはず。 /  Kiso Project Vacant House Day-055

 

ディスクグラインダーを購入した。

 

サンダーを買おうと思ったけれど、これだ!といったものが見つからず、安くて力のありそうなディスクグラインダーにした。ダボ留めでくっつけた材なんかをなんとなく平らにしたり、行く手を阻む鉄柵なんかはこいつでやっつけよう。材によってはギランギランな本性を露わにするように木目を出してれたり今後のDIYに活躍しそうである。

 

xxIMG_8232.jpg

 

が、二階の洋間で長きにわたりカーペットと床をくっつけ、カーペットを取り外してもなお、激烈にフローリングにこびりついている両面テープを削り取ってしまおうと作業に取り掛かったら、粘着ネバネバな破片が飛び散って、起毛タイプのフリースにびっとびとにくっつき、3度手間くらいになってしまったのが玉に瑕だったが、うまく付き合っていこう。

 

xxIMG_8236.jpg

 

サビ落としに鉄や石のカット。辛い思い出、忘れたい過去の除去に、錆び付いたギャグのブラッシュアップ。いろいろ削って磨いていこうと思います。


飛騨高山ゲストハウス tau

xxIMG_8215.jpg

 

飛騨高山ゲストハウス tau

 

高山にまた素敵なゲストハウスが誕生した。

 

スタッフのハブッちさんとほぼ二人、本当だったら職人さんにお任せするような箇所もかなり自力で完成させたというのが信じられない仕上がり。お披露目会では高山の素敵な移住組の面々も集まって、素敵な夜でした。

 

xxIMG_8218.jpg

 

ゲストハウスを作るにあたって、お仕事をされながら準備を進められていたそうだけれど、週末にいろいろ物件を探して回るくらいではなかなか物件を見て回れず、覚悟を決め「1年間、ゲストハウスの物件探しをして、見つからなかったらきっぱり諦める」つもりで物件を探し始め、広島からたどり着いた先が高山。素敵な元材木屋さんの物件。

 

xxIMG_8210.jpg

 

気持ちが形になって、「そこそこの稼働率になったとしても、なかなか難しいと思いますよ。」なんて謙遜されるけれど、晴れ晴れとしてさあやるぞな横顔の新オーナー。

 

高山はAirbnbから高級宿までいろんな選択肢がありますが、新しいゲストハウス、

 

飛騨高山ゲストハウス tau

 

おすすめです! 是非是非!


大阪

xx17842390_10212378605684224_1836416985_n.jpg

 

大阪

 

用青春18的JR車票,晃了6個小時來到讓人懷念的大阪,參加這場夢幻的共演。

 

幾年前透過老公的介紹,認識了一位很值得尊敬的料理人。法國料理出身的本山師傅,在世界30個國家修業學了不同文化的料理,然後在日本兵庫縣開了自己的餐廳,竟然完成了製做世界195個國家的料理的偉業。

 

現在店關門了改做調理包,一開始覺得好可惜,但是今天聽師傅的演講才知道,理由是因為餐廳可以宣傳的對象有限,想要將世界不同的料理介紹給更多人,以及藉由料理傳達更多文化訊息,方法就是製作調理包,包裝裡附上這個國家以及料理的介紹。

 

但是這195個國家的料理裡沒有台灣料理,所以今天師傅特別製作了滷肉飯,並邀請台灣樂團透明雜誌的洪申豪來辦了一個talk show跟小live。老公是透明雜誌的粉絲,想不到這兩位我們都知道的人居然有機會共台!品嚐著本山師傅的滷肉飯,聽著洪申豪的自彈自唱,好多好多的猶豫都變得很沒有意義,既然決定了,就放手去做,沒有什麼好害怕的。

 

xx17841751_10212378603844178_808591499_n.jpg

 

xx17857356_10212378502961656_127163186_n.jpg

 

195か国の料理を作った本山シェフと、台湾バンド透明雑誌の洪申豪さんが夢の共演!本山さんの滷肉飯(細かい豚肉の煮込みをご飯にかけて食べる素晴らしい台湾ローカルフード)を食べて、洪さんの歌を聴き、なんだか沢山の勇気をもらいました。ありがとうござしました!

 

----

 

来月フォークランドを目指すIさんにもお会いでき、本山さんのルーロファンも美味しかったぁ。勇気をもらいすぎてブログを書き漏らし!写真も撮り忘れ!まさかの嫁のFBからパクリ!洪さん、The WallにEastern youth が来た時の俺のこと覚えていてくれてた。


<< | 2/1140PAGES | >>