calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

アンコールトム / Angkor Thom

 

アンコールトム / Angkor Thom

 

場所

 

植民地フランスに「再発見」された偉大なるカンボジアの遺産は、再発見当時のアンコールトムが崩落が激しかったり、密林に埋もれていたこともあって、保存状態がよかった「アンコール・ワット」がアンコール遺跡群の代名詞となった。

 

 

とはいえ、最大級の都市遺跡はやはりこのアンコール・トム (Angkor Thom) 。

 

アンコール・ワット寺院の北に位置していて、寺院的色彩の強いアンコールワットと違い、まごう事なき城砦都市遺跡といえる。当時のフランス人でさえすぐには信じなかったのであるが、この巨大都市、なんと12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世により建設されたといわれている。

 

 

 

アンコールトムを訳すと、大きな都市という意味で、ゆったりとした環濠を備えた堂々たる姿は、アジア、いや世界有数の遺跡と呼ぶにふさわしい。長大でそそり立つ城壁は、なんと一辺3km、8mの高さも立派だ。ただ、攻城機の発達に呼応して強化されていった同時期のヨーロッパやイスラム圏の城壁と比較すると、死角をカバーするシステムなどが施されておらず、アンコールトムの中が、豊かで彩りのある「技巧的」な遺跡で満たされているのに比べると、大きいだけでシンプルすぎるように思える。はっきり言うと、城壁として頼りない。

 

 

観世音菩薩が5つの城門の四面に彫刻されているのも、武力より宗教の力で国家の統一を図ったり、王を奉ったことの表れかもしれないし、当時は、この辺りで最大の動物であったであろうアジア象は近くで見ると巨大だし、バイヨンの戦いのレリーフに彫られたているのは目がつり上がり、最終兵器!といった形相だけれど、南門の城壁上から堀の向こうのElephant Rideの出発点で草を食む姿を見る限り、

 

「小さい小さい」

 

といったサイズに見える。アンコールトムの城壁からすれば取るに足らない存在のように思える。

 


尾道 「みはらし亭」

xx17309884_10212188244885323_3623683556896239544_n.jpg

 

尾道  「みはらし亭」

 

クラウドファンディングで、宿泊券のリワードをお願いしていた「みはらし亭」に宿泊した。

 

みはらし亭は、築100年以上たった、尾道を見晴らす山の中腹(よりちょい上かな)にある建物で、大正10年に建てられた絶景が望める別荘建築。戦後一時期旅館として活用された後、30年近く空き家だったそうだ。

 

xx17425845_10212188244845322_1002714875232549386_n.jpg

 

尾道は、有史以来、瀬戸内の海運、山陽地方の陸運の集積地であったために富が積み重なり、壮麗な寺社仏閣が甍を連ね、コンパクトだけど瀟洒な建物が目白押しな町だけれど、「汲み取り式は無理」「道が細いが故、急傾斜地であるが故の建て替えの難しさ」などもあって見晴らしが良ければ良いほど不便さが、トレードオフの交換物となってしまう町で、モータリゼーションを経て、さすがに21世紀になると住むことは難しいとなり、なんていうことになって21世紀になると、それじゃいかん!と、空き家だらけの街を再生しよう!という取り組みが「空き家」ということばが顕在化する以前から始まり、町を愛する通称「空きP」がリードして、積極的な町空き家対策が講じられ、町の復活や空き家対策のモデルとなっている。そしてその空き家には、移住者が移り住み、町の人と移住者が作り出した雰囲気はリラックスしていて、歩き心地が良い。

 

xx17424950_10212188244965325_5022622355316685435_n.jpg

 

そんな尾道の人々が、それまでの経験と、勇気に知恵や頓智まで注ぎ込んで復活させたのが、この「みはらし亭」。

 

xx17426175_10212188244805321_3885144966999767379_n.jpg

 

決して駅近ではないし、急な階段を登らなければならない場所なのだけれど、連休は満床、桜の季節は数ヶ月前から予約で埋まってしまうという宿。週末は今後も厳しそうだけれど、無理してでも出かけるべき宿の一つだと思います。ぜひ泊まってみてください!


酒都

 

xxIMG_7587.jpg

元気が出すぎて、視界がこんな感じになるくらい。すごいぜ西条。

 

酒都

 

グアテマラで、コロッケの行商をしていた友人夫妻が、酒都に住み着いた!という噂を聞きつけて、グアテマラシティー、いや、東広島市西条へ向かった。

 

xxIMG_7579.jpg

 

xxIMG_7581.jpg

 

Yokoさんが料理を作る「西条公会堂」で、伝説のグアテマラコロッケを食して、あっていない間の四方山話に花を咲かせた後に、酒蔵巡り、仕込み水飲み比べをして、いい気分。MICHIさんが勤める、「Earth Berry Coffee」でオーナー夫妻さんと大笑いしながら馬鹿話をして、そのまま大吟醸粕鍋の夜となった。

 

xxIMG_7583.jpg

 

西条に降り立った駅前の印象は、ここは「多治見です」「いや、佐倉です」「ええ、新発田です」と言われてもおかしくないどうでもよい面構えで、面白夫婦はなぜこんな街に。。。と思ったが、やっぱり大間違いだった。駅から程ないところに造り酒屋の隣が造り酒屋、その向かいが造り酒屋でそのまた裏が。。。のエリア、酒蔵クラスター。リエゾンっぽく言うと、酒蔵スターがあり、秋の祭りの日には町が酔っ払いに占拠されることもあるそうな。もうそれだけで、素晴らしい。日本酒はそんなに飲めない方なのだけど、仕込み水の味がそれぞれ違ってそのままお酒の味になっていて面白い。

 

これは、外国人にもウケるだろうなぁ。

 

xxIMG_7594.jpg

 

xxIMG_7591.jpg

 

ますます自由な雰囲気になってゆく尾道や、怪しい詐欺まがいの募金に気前よくバンバンお金を払ってしまうお人好しだらけの岡山などと並んで、もう中国地方の評価はうなぎのぼりのストップ高だ。この国内旅行の楽しさは、年をとったからか、インバウンドな視線が多少なりとも身につき、新しい場所を見る角度がいいからか?

 

いや、ちがう、やっぱり人なんだよなぁ。尾道のみはらし亭であった親子連れも、宿のスタッフも、西条の人となった友人も岡山に集結した人もみんな素晴らしい。そんな人が住んでる町だから。。と思えるからだろうか。

 

xxIMG_7578.jpg

 

そうだ、来月14,15は中善酒造でも酒蔵まつりがあるぞ。

 


TABIBAKA SUMMIT OKAYAMA 2017

 

TABIBAKA SUMMIT OKAYAMA 2017

 

昨年のSHIMANE開催に続き、TABIBAKA SUMMITが岡山で開催され、世界240カ国バックパックの雲水さん、旅しての和人さんそしてグーグルマップいらずの火の玉野郎がホスト国雲水さんのお宅に集結。

 

今回も旅話に花が咲く。

 

ブログ経由や、マイナーな国へのアタックをしているうちにいつの間にかお話しさせていただくようになって、国内で移動する折には、必ずお声がけできるようなお付き合いをさせていただくようになりました。木曽に引きこもっても、「おい、山から出てこい」とお声がけしてくださり、本当に嬉しいです。今回はお仕事の都合でKmさんが参加できなかったけれど、次回のKISO開催では、「中乗りさん」をバビバビ空けながら、アフリカのマイナーな国境やインド東部の話で盛り上がりたいと思います。

 

この日の盛り上がりは、それまでのお楽しみにしておきましょう。その折は、このブログの国巡りが好きな方も是非お越しください。


木曽空き家プロジェクト Day - 044 こんどは強力ストーブをいただいた。 / Kiso Project Vacant House Day-044

xxIMG_7510.jpg

 

木曽空き家プロジェクト Day - 044 こんどは強力ストーブをいただいた。 /  Kiso Project Vacant House Day-044

 

反射式のストーブを秋口にいただき、小さなブルーヒーターを追加購入。

 

xxIMG_7511.jpg

 

xxIMG_7512.jpg

 

なんとか、その2台で冬をしのいで木曽は春になろうとしているが、近くの居酒屋さんがストーブをくれた。それも大きいの。

 

あっという間に氷点下の部屋が20度くらいになってしまう。

 

まさに四角い顔した太陽。

 

xxIMG_7498.jpg

 

xxIMG_7501.jpg

 

消費灯油量は相応だけれど、これはすごい。ただただ寒いリビングだったけれど、苦労して入れた断熱の効果もあって、快適。恐るるに足りないといったら大げさだったけれど、このストーブとカーテンなんかをしっかりすれば、なんとか冬を凌げそう。ふふふ。


<< | 2/1132PAGES | >>