calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

旅の終わりの空港夜明かし


オーストラリアの出入国スタンプと、NZの入国スタンプ。

旅の終わりの空港夜明かし

4/29日はあっという間に終了。

そして南太平洋の旅も東京までバシッと飛ぶだけ。急ぎ足な飛び方もしましたが、観光などをまともにしていないこともあり、リラックスしたり自分のこれからを考えたり、そして魅力的な人達との出会いがあり、充実した7週間でした。

年末までばっちりお仕事する予定で、しばらく平凡で平穏な日々を楽しむことにします。大きな出来事がない限り、ブログは旅ネタや今後の予定などを小出しにしながらの、ごまかし系アップデートの予定です。

あ、南の島の旅行記もまだ抜け落ちている箇所があるので、そのあたりもきっちりまとめないとなぁ。


業務連絡 今後の旅程 南の島編

業務連絡 今後の旅程

アウェー専用型サポーターですが、今日のパラグアイ戦は行きたかった!

さて、今後の日程を夜中の空港で整理整理。

南の島参考サイト 


09/07 タイ → 日本
09/11 成田/日本 → オークランド/NZ
09/13 オークランド/NZ → ナンディ/フィジー
09/14 ナンディ/フィジー → ツバル
09/16 ツバル → ナンディ/フィジー
09/18 フィジー/ナンディ → トンガ
09/20 トンガ → スバ/フィジー → 陸路か空路ででナンディ
09/21 フィジー/ナンディ → タラワ/キリバス
09/22 タラワ/キリバス → ナウル
09/27 ナウル → タラワ/キリバス
09/28 タラワ/キリバス → フィジー/ナンディ → アピア/サモア
09/30 アピア/サモア → アメリカンサモア → アピア/サモア
10/01 アピア/サモア → スバ/フィジー → 陸路か空路ででナンディ
10/03 ナンディ/フィジー → ポートビラ/ヴァヌアツ
10/05 ポートビラ/ヴァヌアツ → ナンディ/フィジー
10/07 ナンディ/フィジー → オークランド/NZ
10/09 オークランド/NZ → ノーフォーク島
10/13 ノーフォーク島 → ブリズベン/オーストラリア
10/15 ブリズベン/オーストラリア → ポートモレスビー/PNG
10/17 ポートモレスビー/PNG → ブリズベン/オーストラリア
10/19 ブリズベン/オーストラリア → ホニアラ/ソロモン諸島
10/21 ホニアラ/ソロモン諸島 → ブリズベン/オーストラリア
10/22 ブリズベン/オーストラリア → オークランド/NZ
10/25 オークランド/NZ → ラロトンガ/クック諸島
10/28 ラロトンガ/クック諸島 → オークランド/NZ
10/30 オークランド/NZ ¸→ 成田/日本


ざっと、こんな感じです。

発券は済ませていますが、若干の変更するかも。。

もう少し旅の準備をしながら空港夜明かしし、バンコクでデフラグしてきます。

業務連絡 今後の旅程

業務連絡 今後の旅程

8/09 ハルゲイサ → ジブチ
8/10 ジブチ → ドーハ
8/11 ドーハ → ハルトゥーム
8/14 ハルトゥーム → アンマン
8/15 アンマン → イスラエル/パレスチナ
8/17 イスラエル/パレスチナ → アンマン
8/18 アンマン → アレキサンドリア → カイロ
8/20 カイロ → アスマラ
8/23 アスマラ → フランクフルト 

ざっと、こんな感じです。それではDaallo Airlinesでジブチへ向け出発!

緑島攻略 その1

緑島攻略 その1

< はじめに >

アフリカ攻略のあと、8月下旬の

アスマラ → フランクフルト → レイキャビク → ヌーク

の発券が完了。

------------------

ヌークはグリーンランドの主都。グリーンランドは人口が少ない上に、デンマーク領内での自治政府を持ち、地下資源などに恵まれていることもあって物価が高い高い、そして就航している航空会社も少ない。アイスランドのレイキャビクかデンマークのコペンハーゲンからの便が就航していますが、9月頭にアメリカで用事があるので、迷わずAirIcelandのレイキャビクからの便を選択。

ちなみにAirIcelandはグリーンランドやファロー諸島、そしてアイスランド国内を飛ばしている会社で、フランクフルトからレイキャビクまではIcelandAir(こちらがメジャー)という国際線の航空会社で飛ぶことになります。ちなみにもう一つ、ヨーロッパ向けの格安系航空会社でIcelandExpressというのもある。

フランクフルト → レイキャビク → ボストン

の片道航空券が466USD(4.1万円)by IcelandAir

レイキャビク ー ヌーク

の往復航空券が64110ISK(4.6万円)でした。 By AirIceland

アイスランドの噴火? 

予約してるときは何とも思わなかったけど、やっぱり無謀だったかなぁ。。。






アフリカ攻略 その1

アフリカ攻略 その1

< はじめに >

ワールドカップで空騒ぎさせて頂いたあとは、いよいよアフリカ攻略だ。運び屋と相棒の王子の国巡り二人旅を阻むのは、「奇蹟の岡田ジャパン予選リーグ突破」のみ!今回は日本と似た日程で試合のあるスペインを追いかけるため、スペインの予選リーグが終わった6/27あたりから、旅が始まります。


訪問予定国は、以下の通り。

南アフリカ 
レソト
ボツワナ 
スワジランド
ナミビア
ザンビア
ジンバブエ
モザンビーク
マラウイ
タンザニア
ブルンジ
ルワンダ
ウガンダ
ケニア
エチオピア
ソマリランド
ジブチ
エリトリア
スーダン 

ざーっと調べる限り、入国ルートを間違えず、国境でアライバルビザをシャンシャン買えるお金さえあれば、殆どの国は入手に問題はないし、国境でビザを取得できない国でも殆どが各国領事館でビザの入手がかないそう。

< エリトリア >

唯一怪しいのが、エリトリア。

旅行をされた方のブログなどをみると、首都アスマラを始め人も町並みも良さそうで旅のし甲斐がありそうだし、エリトリア大使館のホームページが吃驚するほどしかりしており、非常にそそられる。が、独立の経緯もあったりで、周辺国との仲が宜しくない。そのため、陸路の国境越えが怪しく、ならば飛行機で!と勇んでみても、就航している飛行機の路線や便数が少ない。

エリトリアに陸路では入れるのはスーダンのみ。スーダンのビザがダブるかマルチならばよいのだけど、それはちょっと厳しいだろう。。そうなると、結局エリトリアから、バシッと飛行機で飛ばなければ行けないのだけれど、ルートがパットしない。。。

その上、ハルツームからUAE行きの航空券を買ってしまったし。。。

など、グダグダウダウダと旅行計画を進めています。。。

そんなアフリカ初心者な自分に、オススメ情報など愛の手を!

___________________________

(後述)

ハルツーム → シャルジャ → ドーハ → シャルジャ

のAirarabia航空券を260USDくらいで購入したのですが、No Showし、

アスマラ → フランクフルト → 他のアフリカの都市

のLHマイル航空券で発券。北アフリカーヨーロッパ往復は、
Cクラスがなんと6万マイル。お得だと思う。

南太平洋攻略 その1

*無事にナウルに入国できました。

→ ナウルビザ
→ ナウルの旅全般



南太平洋攻略 その1

< はじめに >

8月末にアフリカをいったん去り、中東経由でアメリカ。中東から日本まで、まだまだ片付けていない国は沢山あるのだけど、それらは改めて準備して。。。で、アメリカと日本に一週間ほど滞在したあと、9月の中旬から、10月末まで南太平洋を攻略します。

訪問予定国は、以下の通り。

ニュージーランド(訪問済み)
フィジー
トンガ
サモア
アメリカンサモア ☆
キリバス
ツバル
ナウル
バヌアツ
オーストラリア(訪問済み)
パプアニューギニア
ソロモン諸島
ノーフォーク島 ☆
クック諸島 ☆

☆は国連未加盟国の自治領など。

ここまで何とか航空券を手配したけど。。。

ルートが限られている上に便数が少なく、その上頼みの綱のマイル発券も、この南太平洋に限っては、余り活躍の場がない。いずれにせよ。。

お値段高めでした。。。

ネットなどで手配した南太平洋を旅する航空券の総額だけで、十分南極クルーズ船にのれる金額だし、マイルで手配したNZのNRT-AKLのチケットまで、購入!だったら総額50万円!くらいになってしまったと思う。

それでも、

ニューカレドニア(行くときはウォリス・フツナとセットで!)
ウォリス・フツナ(行くときはニューカレドニアとセットで!)
トケラウ(船便月2便のため!)
ニウエ(飛行機週1便のため!もしかしたら行くかも)
ピトケアン(スケジュールが厳しい、上、金額が高すぎる!次回!)

なんていう島国(自治領)達を今回は外させて頂いた。いけないことはないのだけど、これらを入れると南太平洋だけで3ヶ月くらいの旅になってしまうので。。せっかくだから厳しい理由も併記してみた。。。

太平洋にはいっぱい国や自治領があるなぁ。

南太平洋での心配事は。。。島の旅が単調になって退屈になり、ノイローゼになったりしないか?という恐れでしょうか?釣り道具にスノーケリング道具を持って行く予定ですが、本をどっさり持っていかないと夜がかなり退屈になりそうだなぁ。

< ナウル >

そしてかなり怪しいのが、ナウル。

オーストラリアとパプアニューギニアを除くと、唯一のVISAを必要とする国。ただ、上記二国のVISAは事前申請かアライバルVISAできっちり事が足りる。。。このナウルビザが取れるのか、そもそも入国できるのか?分からないことだらけの国なのだけど、すでに航空券は購入済み。なんとかなりそうなようなならなさそうなような情報しか手元にない。。。オーストラリアの領事館に電話してみるか。。。

など、アフリカ旅行計画同様、グダグダウダウダ準備を進めています。

そんな南太平洋初心者な自分に、オススメ情報など愛の手を!

<< | 2/2PAGES |