calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

UA 837 SFO-NRT

IMG_4483.JPG

 

UA 837 SFO-NRT

 

眠くて仕方がなかったので、横になりたかったけれど、そこそこの混雑ぶりで、隣が空席なのを喜ばなくちゃね。。くらいな混雑具合だった。離陸してからアリューシャン列島。少しぼんやりして千島列島丸々ぶんくらいは寝られたかと思う。

 

IMG_4486.JPG

 

IMG_4488.JPG


UA 414 LAX-SFO

IMG_4481.JPG

 

UA 414 LAX-SFO

 

昔のUAの塗装の特別カラーリングの飛行機だったが、こういうフライトに限って何か!ということはない。普通のCAさんが機内でお出迎えしてくれて、気がついたらSFOだった。


AS 2020 PDX-SEA

IMG_4246.JPG

 

AS 2020 PDX-SEA

 

久しぶりに飛行機の中でパソコンを開く。近場にマックの修理工場なし、金なし、思いの外パソコンが必須な仕事なしの状態であったけれど、やっぱりきっちり動くパソコンはいい。キーボードの変換くらいしか変化は感じないけれど、とにかくスムーズで素晴らしい。

 

これくらい調子が良いと、座席について飛行機に乗る前にフライトのアップデート程度なら書き上げられてしまう。

ブログ始めて以来くらい、アップデートをおろそかにしてしまっているけれど、このパソコンなら中身の良し悪しはさておき、グリグリアップデートできそうだ。

 

さて、ホライゾン航空。

 

A3のゲートで感じの良いお姉さんに「出て右」と言われるままに歩きゲートを行くとホライゾンのQ400。搭乗率は半分以下。間引き運転すればいいのにそれはどうもしない様子。

 

座席に座っているのは、ブラックフライデー疲れしているようなタイプではなく、その辺のノースウエスト人。シャトルという名にふさわしいこの便にも慣れた様子。離陸の時には晴れ間がのぞいたポートランドだったけれど、飛行機からの景色はモコモコとした雲がシアトルまで続いた。

 

「飲み物は白ワインにIPA、水にオレンジジュースに。。。」

 

そうそう、IPAを出すんだよね。IPAを。

 

車を運転するので泣く泣く我慢した。ポートランドで買い込んだブツを日本でゆっくり楽しむことにしよう。なんて言ってたら眠くなってきた。寝よう。

 

このフライトと一本前のフライトのブログが仕上がったぞ。


AS 197 LAX-PDX

IMG_4173.JPG

 

 

AS 197 LAX-PDX

 

長距離フライトのその次の国内線のジンクス通り、まあ眠い。

 

機内は9割近い搭乗率で、「コーヒください」「このフライトにはコーヒはありませんよ」みたいなつまらない冗談をかましてくるフレンドリーなアイランダーのアテンダントさんが、通路を行ったり来たりしている記憶があるくらい。定刻の出発で定刻の到着。

 

IMG_4176.JPG

 

夜明かしするか、ブラックフライデーに参戦するか迷ったけれど、眠いのでパス。空港職員との雑談の中で、「トラムの終電で、2個目の駅まで行けば、ベストバイやらイケアがあるモールに直結しているから、夜中から買い物できるよ。」と促されたが、横になれそうなベンチを見つけて寝転がった。


NH 106 HND-LAX

IMG_4162.JPG

 

NH 106 HND-LAX

 

「鳴かず飛ばずで、足の裏が異様に臭い、ぼろ家の一階でカフェの真似事をやってるおっさん、ロサンゼルス行きの、完全停止不能オヤジ、いらっしゃいましたらカウンターへ」

 

というので、カウンターに向かうと。エコノミープラスへのご招待。

 

久しぶりに乗る全日空機は、お疲れ様と声をかけたくなるようなヘタレ具合。いや、きっちり使い込まれて減価償却されたよねなご苦労様の機体といったほうが良いかな?

 

夜中の出発のため、軽いスナックが出た後は

 

「寝ろ」

 

なフライト。

 

エコノミープラスいやプレミアムエコノミーはガラガラなので床で寝たいぐらいだったけれど、辛抱してシートで眠ることにした。どれくらい寝ただろう。3時間くらいだったかな?

 

IMG_4164.JPG

 

トムブラッドレーは、国際線の狭間な時間帯なのか、入国審査場はガラガラ。「ハリウッドのパレードで踊るんだ。」と答えたら一発で通してくれた。サンクスギビングの夜とはいえ、飴玉をペロンペロンしながら入国審査するのはどうかと思った。

 

IMG_4165.JPG

 

アメリカン航空でも、機内サービス中にガム噛んでる人がいたけれど、アメリカってどれくらいまで許容されるのだろう。米系の会社で働いていたけれど、こんなに自由じゃなかったし(日系に比べれば緩かったが)アメリカ人の上司も厳しかったけどなぁ。。

まあいいや、荷物を転がしてトムブラッドレーからターミナル6へ。


UA 32 LAX-NRT

IMG_3931.JPG

 

UA 32 LAX-NRT

 

何が悲しいって、新しいユナイテッドのLAのラウンジにシャワーが引き続きないことが悲しい。アメリカを這い回って、安物買いの銭失いをしながら、ホテル代すら払えない旅をしているバカがいることをユナイテッドは知らないのだろう。そうだなぁ。毎度毎度掃除のおばさんが清掃に入らなくても済むような、自動でシャワールーム内を綺麗にしちゃうやつ。ああいいたユニットでいいからさ。

 

IMG_3934.JPG

 

IMG_3935.JPG

 

フライトで特筆するべきものはなかったけれど、デルタがそれなりのエコノミーの機内食を出してくるようになった現在、ぶっちぎりでまずい太平洋路線のミールはユナイテッドに決定。

 


UA 5474 SLC-LAX

IMG_3918.JPG

 

UA 5474 SLC-LAX

 

LAXまでのフライトは航空券別発券。LAXー東京のフライトが異様に安く(5万円)、ソルトレークシティー発東京だと10万円近くなる日程だったので、別ぎり。

 

チェックイン時に荷物がそのまま成田で引き取れるようにエージェントに伝えると、快く引き受けてくれる。預けた荷物はモコモコした衣類系のものと、ひたすら重いだけのビールやらを同梱して混載メリットを出しているプロ仕様。液体とドライカーゴを一緒にするのは、万が一の事態となった場合、目も当てられない状況になるだろうから、商流貨物には向かないけれど。運び屋系ハンドキャリーなら許されるだろう。

 

IMG_3928.JPG

 

なーんて思いながら、一応しっかり荷物が流れるかTSAの検査機を無事通るか眺めていると、預けた荷物のうちの一つが開けられ、筒状の物体がテーブルに並べられてゆく。

 

大丈夫、プラスチック爆弾じゃないよ。ウォルマートで売ってるクロワッサンの生地だよ。開ける時「ポンッ!」て小さく爆発するけどね。


UA 5988 SFO-SLC

IMG_3892.JPG

 

UA 5988 SFO-SLC

 

あまりにも入国審査がスムーズだったので、一本前のSLC便に乗れそうな勢いだったけれど、セキュリティーゲートが混雑して叶わず。大人しくラウンジでバビバビっとコーヒを飲んだりして飛行機を待った。

 

IMG_3896.JPG

 

IMG_3894.JPG

 

IMG_3897.JPG

 

湖を横切ってソルトレークの南を目指し、かくっと北向きに旋回するいつもの進入路。ソルトレークの湖岸線が、ぐーっと岸から離れた気がする。思い過ごしかな?それとも季節的なものなのかな?


UA 838 NRT-SFO

IMG_3888.JPG

 

UA 838 NRT-SFO


「今日は隣にお客さんいらっしゃいますか?」

 

「ガラガラですよ」

 

超訳すると

 

「機内は空席が目立ちますが、いくら左右にお客様がいないからといって、もういい大人なんだから、エコフラットエコフラットうんちゃらで騒がないで、大人しく太平洋越えしてくださいね。」

 

搭乗、

 

「イエーーーーーーーー!エコフラットだー!」

 

IMG_3889.JPG

 

IMG_3890.JPG

セフレ いやセブーレ

 

寝れました。ありがたい。サンフランシスコの入国審査も異様にスムーズ。ありがたい。


UA 143 DEN-NRT

IMG_3619.JPG

 

UA 143 DEN-NRT

 

飛行機がひどく遅れていたためにラウンジで過ごす時間が長くなり、ラウンジ飯で腹がパンパンになる。搭乗しようとするゲートにミールバウチャーが配られていたと思しき紙切れが立てられており、なんだか損した気分。

 

IMG_3620.JPG

 

飛行機は2時間近く遅れ、生まれたばかりの大崎基地隊長の生まれたばかりの娘さんに会いに行けなくなってしまった。。


<< | 2/194PAGES | >>