calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ゲアン要塞 / ヴィン要塞 / Nghe An Ancient Citadel / Vin Citadel

xxDSC_6993.jpg

ゲアン要塞 / ヴィン要塞 / Nghe An Ancient Citadel / Vin Citadel

xxスクリーンショット 2016-06-01 8.36.03.jpg
場所

長時間外で城見物できるような天気ではなかったし、タインホア要塞が残念な感じだったので、GoogleMapの見た目に堀が宅地に押しつぶされているような面構えのこの要塞は正直ノーマーク。バスの乗り継ぎ時間にうまく見られれば良いや!程度だった。。。。。のだけど、どうしてどうして、なかなかのお城だった。

xxDSC_6976.jpg
東門近くの堀

xxDSC_6980.jpg
東の門。おそらく修復

xxDSC_6989.jpg
前門

xxDSC_6990.jpg
東門近くの堀

修復されているのだろうけど、三つをバイタクで見て回ることができ大満足。公園としての整備なのか、堀の浚渫なんかが行われており、しばらくしたらタインホア要塞のように、ゆったりお堀端を歩きながら、往時に思いをはせることができるかもしれません。

この要塞は、後から調べると、ネットにもそれなりに情報が載っており、

お城が建設されたのは嘉隆帝/Gia Long阮朝によるベトナム統一(1802)から間もない1804年で、当初は土塁(版築かな)で築かれた簡単なものだったようだ。明命帝/Minh Mang期(1831〜)にフランスのヴォヴァーンのスタイルを導入し、現在の六角形プラス稜方式にがっつり改変され、嗣徳帝/Tu Duc,1847年 - 1883年の時代に城壁は0.8メートル上積みされたとのこと。

xxDSC_6997.jpg

xxDSC_6996.jpg
前門/Tien Mon。中国語だと前門はQian Men。やっぱり近いねぇ。なんとなくわかるもんなぁ。

xxDSC_7004.jpg

xxDSC_7005.jpg

南に面した門(前門/Tien Mon)が正門で、東門と西門が、各方角にあり、西門は修復されていない様子が帰っていいかもしれません。やはり前門が現在も正門然(そんな言葉ないか)しており、ベトナム語の案内板などもきっちりついています。

各門の左右に城壁の残滓を辿ってみましたが、感じ取ることはできませんでした。。。

兎に角、1830年ごろから、フランスの支援なんかもあって、ベトナムの要塞の近代化が進められたことが分かったのは大収穫。フランスのヴォヴァーンなんて言葉が、ベトナムのお城を調べていてようやく出てきて、今後の見立てや推測に役立ちそう。

xxDSC_7011.jpg
バイタクでニケツしながら撮影

そんなお城ですが、20世紀初頭には、独立運動の政治犯を収容する刑務所として使われていたそうです。阮朝が建設して、フランスの支援で強固化し、いつしかベトナムが乗っ取られて収容所として利用。。。というベトナム史の生き証人ですね。バスの乗り継ぎの時間にでもどうぞ!


http://en.skydoor.net/place/Nghe_An_Ancient_Citadel

 

タインホア要塞 / Thanh Hóa Citadel

xxDSC_6941.jpg

タインホア要塞 / Thanh Hóa Citadel

xxスクリーンショット 2016-05-31 8.48.17.jpg
場所

灼熱のタインホアに到着。バス停で捕まえたバイク運ちゃんとのコミュニケーションに四苦八苦しながらも、要塞にたどり着く。要塞の東側はだいぶ堀が潰されてしまっているが、その箇所にこの省ラムソン出身の英雄・Lê Lợi黎利の大きな像が立っていた。そこから見物開始。想像はついたけれど、要塞を形どる堀が残っているのみで、残念ながら要塞やそれに類する遺構を確認することはできない。

xxDSC_6921.jpg

xxDSC_6925.jpg

xxDSC_6926.jpg

xxDSC_6944.jpg

xxDSC_6933.jpg

ここのお堀は、タインホア市民の憩いの場所になっていて東側の堀はおそらく拡充されて親水公園のような感じになっている。スワンボートに人気のない真昼の喫茶店。そして火炎樹いいじゃないか。

ソンテイ城 / Son Tay Ancient Citadel

xxDSC_6833.jpg

ソンテイ城 / Son Tay Ancient Citadel

xxスクリーンショット 2016-05-31 7.58.55.jpg
場所

ようやく案内板のあるお城に巡り会えた。

内容は自分のベトナム城知識の足りない箇所を補完してくれるものではなかったが。

案内板によると、この城は1822年、第2代明命帝の治世の時代に建設されたそうだ。城壁の外周が1306.8m、堀を含めた外周が1792mとのことで、堀は約26.8m、深さは4mとのことだ。この要塞は北ベトナムに残る美しい要塞のうちの1つで、1994年には国の史跡に指定されたと書いてある。うーん、内容薄いな。

xxDSC_6781.jpg

xxDSC_6787.jpg

ネットで仕入れた知識なども動員して捕捉すると、どうやらこの要塞は、阮朝がフランスの援助を受けたのではなく、自前で建設したようです。ハノイから20bのバスに揺られて約1時間半で到着できる距離感などから、ハノイ(昇龍:タンロン)の西の防衛ライン、ホンソン/紅河を下ってくる雲南方面からの外敵を意識しているように思います。

xxDSC_6797.jpg

xxDSC_6789.jpg
xxDSC_6810.jpg

xxDSC_6813.jpg

さて見物。

午前のバクニン城塞で滑ってしまったうえ、上昇を続ける温度にテンションを下げられヘトヘトだったのだけど、くっきり残る水堀と朽ちかけた北門の面構えに大感動。この瞬間にこれは来て良かった!と思ったのでした。城や歴史に興味のある方でハノイに来られる方がいたら、お勧めします!

xxDSC_6815.jpg

xxDSC_6824.jpg
修復済みの城壁

xxDSC_6829.jpg
修復済みの城壁と昔の城壁。もう少し修復方法を考えたほうが良いかな?

xxDSC_6832.jpg

xxDSC_6839.jpg

xxDSC_6840.jpg

xxDSC_6843.jpg

xxDSC_6847.jpg

xxDSC_6848.jpg

往時、3.5mあったという城壁の上には、竹垣が植ええられていたようですが、現在は南側の一部が復元されているのでその箇所で全体のイメージがつかめるかもしれません。そのほかの箇所は1.5mくらいの城壁の基部が途切れることなく残ってます。城門は西南北の3つが残っていて、熱帯の植物に侵食され、19世紀に建設された城塞というより、アンコールのような遺跡を思い起こさせるような面構えでした。

xxDSC_6854.jpg

xxDSC_6859.jpg

xxDSC_6862.jpg

xxDSC_6874.jpg

ヴェトナムの旅行会社?のホームページに、歴史を感じながら緑の木立の中を歩いてみませんか?なんてことが書いてあったけどその通り。ぜひどうぞ!

 

バクニン城塞 / Bắc Ninh Citdel

xxDSC_6756.jpg

バクニン城塞 / Thành cổ Bắc Ninh / Bắc Ninh Citdel

xxスクリーンショット 2016-05-29 22.04.33.jpg
場所

Googleマップで見かけたときから一目惚れだったこの要塞。バスから降り、少し歩いて橋を渡ると、Hải Dương Citadelでは見かけられなかった城壁も城門もがっちり残っている。おお。バシャバシャ写真を撮りたいところだが、「写真撮っていいかなぁ」のゼスチュアを緑色の制服のベトナム軍の軍人から「撮影ダメよ」のゼスチュアが返ってきた。どうやらこちらのバクニン要塞、ほぼ丸ごと現役の軍事施設。

xxDSC_6752.jpg

xxDSC_6753.jpg

xxDSC_6761.jpg

xxDSC_6763.jpg

5時起きしてハノイからバス(54番のバスでーす!)で1時間以上かけてやってきたにもかかわらずこの結果。恋は成就しなかったぁ。

現役の施設ゆえ、お城の来歴なんかが記載された案内板なんかはなく、

「立ち入り禁止」

の看板や、AKを持った守衛やら、休み時間に堀で釣りする兵隊やらを確認するのみ。城門近くで声をかけてきたバイタクのおじさんに、要塞を外周してもらい、とっ捕まらない程度に写真を撮っただけの片思いな要塞めぐりでした。まぁ、要塞外周の水濠/水堀はくっきりしているものの、城壁は南側を除いて、かなり取り払われている。。。ということがわかっただけでもよしとしましょう。

xxDSC_6766.jpg
東の稜方。少しだけ城壁のレンガと基部の土盛りが残っている。。。きがする。。。

xxDSC_6767.jpg

Bắc Ninh に漢字をあてると北寧。要塞を調べていると、どうやら清仏戦争(1884年)の激戦地でもあったようだ。そもそも清仏戦争は、台湾での戦いというより、ベトナムの支配圏をめぐる、清とフランスの戦いだったんですね。嗚呼、分からないことだらけだ。早く日本に帰って相応な資料を集めたい。wikiには鹵獲された清の大砲なんかの写真があったけれど、そうなるとこの要塞を建設したのは清なのか?阮朝?いやいやフランス?

嗚呼、ベトナムの城、わからないことだらけだ。。
 

Hải Dương / Hải Dương Citadel

xxDSC_6612.jpg

Hải Dương / Hải Dương Citadel

xxスクリーンショット 2016-05-29 20.31.13.jpg
場所

ハイズオン市(越:Thành phố Hải Dương/城舗海陽)は、1804年、城東(タインドン、越:Thành Đông)として設立。ハノイの東の町(城が町の意味)ということらしいが、名前からいきなりいい感じである。フランス植民地時代に海陽/Hải Dươngとなったようだ。ハイフォンや上海(シャンハイ)の「海」ですね。中国語表記のベトナムの地図なんかがあったら面白いかな?

xxDSC_6605.jpg

xxDSC_6595.jpg

御多分に洩れず、Google Mapで城塞が建設されたのは間違いないものの、このHải Dươngの要塞の情報もnetで出てこない。wikiの英語版のページには往時の城門と4-5mくらいの城壁の写真が残っているが、城塞についての詳しい記載は少ない。阮朝が、フランスの力を入れてしまった後の時代に建てられた町/城塞がゆえに、ヨーロッパ形式の要塞にしたのでしょう(正直、情報不足で不確実ですが。。)。

xxDSC_6596.jpg

さて、要塞。

と言いたいところだが、このHải Dương Citadelを見物した限り、残っているのはCitadelを星型に枠取っていた水堀が残るのみ。超絶富栄養化というか、救いようのない汚染というかにまみれ、ホテイアオイな水面か、灰色を通り過ぎて黒い水をたたえてしまっている箇所なんかもありげんなり。わずかに要塞の内側に入ると、家並みや残された建築がフランス植民地のヨーロッパ式の倉庫跡なんかが見られたけれど、それが精一杯。現役の軍の施設が残っているような要塞と違って、のんびり見学できるのが唯一いいところかも?

xxDSC_6675.jpg

xxDSC_6615.jpg

わざわざバスを降りて35度の町を歩いてこんなもんかよ。。。。フランスの力を入れて阮朝が作った要塞一号は、残念ながら外れ!次行こう次!

。。。と思ったけれど、この町では気持ちの良いおじさんとの出会いがあったりして、気分が良かったので問題なし。水堀だらけの大要塞祭りでごめんなさい。

Fort Annamite

xxDSC_6551.jpg

Fort Annamite


場所

Wikipediaの、

ハイフォン(越:Thành phố Hải Phòng/城舗海防)は、ベトナム北部の都市。

という記載を確認しただけで、クラクラしてしまう。ベトナム語も中国語の影響が濃いなぁと思うと同時に、町の名がそのままお城や砲台やらがあるのを匂わせ、なんとも言えない。が、調べれば調べるほどお城の類の情報が出てこない。元々のデータが社会主義時代やそれ以前の戦乱で断絶したりしている?上に、激しい北爆や経済発展にともなう土地の変化なんかがあるのかな?

xxスクリーンショット 2016-05-29 11.53.28.jpg

xxDSC_6550.jpg

xxDSC_6548.jpg

xxDSC_6546.jpg

ということで、このFort Annamiteも、地元の人にいろいろ聞いても首を傾げられ、これだという残滓すら感じることができませんでした。1920年までには残っていたおそらくフランスが建築した、このお城は跡形もなかったです。ま、往時のものと推測される道と、城跡や堀を埋め立てた後に醸し出される「悪所」な空気は感じられたかな?まあ良いとしましょう。

ベトナムには古代の都市の遺跡から、稜方要塞まで、いろいろあるようなのですが、資料なんかがそもそもあまりないこともあって、GoogleMapでも確認できないような要塞は苦戦しそうだなぁ。。

イエディクレ / Yedikule

xxDSC01854.jpg

イエディクレ / Yedikule

xxスクリーンショット 2016-05-02 1.02.33.jpg
場所

1458年に建設されたというから、テオドシウスの城壁に南の要としてオスマン帝国が置いたのかな?なんて思っていたが、見た目も役割もお城っぽく、周囲に堀が巡らされていたりもしたけれど、

xxDSC01839.jpg

xxDSC01840.jpg

The Yedikule Fortress was frequently used as a state prison

とのこと。

なかなかの見栄えなのに、近くに来るとおどろおどろしい雰囲気だったりしたりするのは、使われ方の所以かな。個人的な感覚でもイスタンブールの観光地としては3流の位置付け。後から調べなおしてもこの通りでアララ。となってしまった。

xxDSC01847.jpg

xxDSC01846.jpg

xxDSC01862.jpg

城壁?刑務所の壁?に登ることもできるけれど、急峻な階段な上、落下防止の手すりなんかはないので行かれる方はその辺りを留意されてください〜。

トプカプ宮殿 / Topkapı Sarayı

xxDSC01770.jpg

トプカプ宮殿 / Topkapı Sarayı

xxスクリーンショット 2016-05-01 23.55.58.jpg
場所

邦訳された段階で、「宮殿」という字が出てきてしまうと、俺的お城センサーがビンビン来ないのですが、宮殿内部の絢爛さやオスマンの栄光はさておき、15世紀中頃から19世紀中頃のオスマン技術で再建設された外壁はなかなかなので、迷わずアップデート。

xxDSC01767.jpg

xxDSC01807.jpg

外壁は海岸沿いに残っている箇所があり、西側の海からアヤソフィアに向かって登る道沿いには丘の傾斜に合わせた立派な城壁が今も下界と宮殿を隔てていました。

 

テオドシウスの城壁 / City wall of Theodosius

xxDSC01832.jpg

テオドシウスの城壁 / City wall of Theodosius

xxスクリーンショット 2016-05-01 17.37.48.jpg
場所

「コンスタンチノープルの陥落」が大好きな方ならずとも、東ローマ帝国の帝都であるコンスタンチノープルが現在のイスタンブールで、攻略したのがオスマン帝国だというのはご存じでしょう。そのオスマン帝国を紆余曲折ありながら継承したのが現代トルコでですね。

この城壁は古代から続いたローマとその時代が終焉した「現場」。

名実ともにオスマン帝国が、ヨーロッパとアジアにまたがる帝国になった時を今に伝える建設物なのですが、城壁のそばの公園には、現代(2014年ですが)世界で勢いを増すトルコ政府が建設した、攻城気分に浸れる資料館もありました。2014年当時のトルコは今に増してほんとイケイケだったので、来場者の鼻息も荒い感じだったなぁ。

xxDSC01831.jpg
爆撃機?

攻め寄るオスマンを退け続けた王都の盾と言っても過言ではない、重厚かつ見上げるような城壁は見もので、心臓ばくばくもの。

有名なモスクめぐりもいいですが、城内、城外を行き来して、心の陣太鼓をフルスロットルでズンドコやって城壁を見上げ、オスマン側の気分に浸ったり、不倶戴天の鉢巻でもして、東ローマ帝国側の日本人傭兵のような気持ちになって城壁をかけずり回ったりできる、素晴らしい場所です。

xxDSC01819.jpg
ウルバンの巨砲かな?

xxDSC01820.jpg

xxDSC01821.jpg
突っ込め!イエニチェリ!&土木工兵

xxDSC01827.jpg

xxDSC01823.jpg
攻城塔 試験に出るぞー

xxDSC01828.jpg

「コンスタンチノープルの陥落」を読んでから是非是非!

あ、コンスタンチノープルの囲壁としてアップデートしようと思ったけれど、テオドシウスの城壁 / City wall of Theodosiusとさせていただきます。

ヒエラポリスの囲壁 / City wall of Hierapolis

xxDSC01757.jpg

ヒエラポリスの囲壁 / City wall of Hierapolis


場所

ローマ時代、パムッカレの丘に建設されたヒエラポリスは、グワーンと城壁で囲われていた様子。建設されたのは2世紀。中国は後漢。日本は卑弥呼の邪馬台国の時代だ。風光明媚な場所に温泉、劇場付きの都市を建設するなんて、ローマ人は先端いってるなぁ。日本の温泉地の劇場というと、ストリップ小屋が定番だけど、高校の卒業旅行で出かけた、蔵王のあのストリップ小屋は現存してるだろうか。昭和な遺跡になっちゃったかなぁ。

xxDSC01758.jpg

廃墟にはちくわぶのようなコラムの切れ端、おそらく組み直している城壁が伸びている。ヒエラポリス内には、戦いを城壁に囲われたエリアがないですが、城壁を辿るとそれだけ、ヒエラポリスの巨大さを感じることができて楽しいですよ!

あと、城門に登ったりすると、警備員の方によっては怒る方もおりますので注意!

<< | 2/25PAGES | >>