calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

LHR-JFK-SFO-DFW-NRT-TPE 往復

ポンドとユーロの為替レートが下がっています。

為替の影響もあってか、先日もご案内した
LHR発の航空券がドキッとするような価格になっています。

世の中の物価が毎月上がる中、この動きを
チャンスに変えない手はありません。

さて、アメリカ経由アジアで一番安いのが
LHR発のICNかTPE行き往復航空券。

今回はTPE往復をチェックしましたが、10月発券に関しては、
全ての料金込みにすると1400ドルを越えるものが多く、
まだまだお安い11月でチェックしてゆきましょう。

それでは検索開始。

一往復で2.5万飛行マイルを越えるルートで探すと
SFOをからめ、DFW経由でTPEに向かうルートで
安い価格が出てきます。ルーティングは下の画像を
目安にして入力してみてくだささい。


* 検索方法

AA.comの運賃検索(Book Flight)で Multi-Cityを検索。
SFO-DFW区間の時間帯の選択を[Early Morning]にしてください





いいですね、最安値が988ドル。

諸税を含めた航空券の最終価格は1165.9ドル!!





一日ずらし、TPEでの滞在を中1日にして同じような検索結果は



1046ドル。航空券の最終価格は1223.9ドル

とすると。。。

1日目、ロンドン
2日目、アメリカ
3日目、日本 台北
4日目、一日休み
5日目、台北 日本 アメリカ
6日目、ロンドン

の日程でLHR-TPEを往復でき、
LHRに到着した日にLHRを出発を繰り返せば、

総行程20日、5000ドル以下で10万マイル達成です。

日本から挑戦するのであれば、

ロンドン発券ですので、日本から始めるとなると、

まずは日本から出発し、到着翌日朝からこの強行軍を開始し。
最終到着日の夜、ロンドンから日本に向かえば、

総行程23日になるでしょう。

ま、一気にこのような日程で飛ぶのは極端な例として、

暇でお金に余裕がある方、
ロンドンや台北で買い付けやら、お仕事される方、
ロンドンと台北に彼女彼氏がいる方、
謎の台湾の富豪にハロッズでの買い物を命じられた方、
ワンワールド系でマイルがイマイチ足りない方、
アメリカやイギリスに在住で、帰国やアジアへの旅行を
お考えの日本の方、
体を単純に壊したい方、
馬鹿な方、
会社を辞めた方、首になった方、
世の中おかしいと思った方、

など、どんどん利用されては如何かと思います。

アメリカン航空でE-Platinumになってしまえば、
6片道のビジネスクラスのアップグレードE-Vipの特典が得られ、
今回例に挙げてみた帰り便(行きは国内線が入るので一片道にならず)の
NRT-JFK-LHRのルートならば、一片道とみなされます。

翌年以降、同じような料金(5000ドル)程度で航空券が購入できれば、
NRT-JFK-LHR片道を4度とNRT-JFK往復を1度無料でビジネスクラスに
アップグレードでき、非常にお得です。

UAと違い、AAはアップグレード対象の航空券は
格安航空券も含まれたおり、アップグレードの重みが違います。
また、ワンワールドのエメラルドはJLの加盟に伴い、
日本在住の旅行者にとってもかなり使い勝手がある
マイレージ特典。空の旅が快適になりますよ!

いずれにせよ日本発でAAを指定し、東海岸往復の格安航空券を
手配し、10万マイルを目指すなら、Back to Back !を駆使したとしても
80万円くらいのコストがかかってしまいます。

制限が厳しくって、ここ数年で倍近くなった
日本の格安航空券価格。うまいことやってしのいで

お空の旅をたのしんでいこうじゃありませんか。


格差2

オツギはAA

LHR-ORD-NRT-HKG往復料金。







JFK-NRT往復料金。





なんでだよ?

大陸横断お得チケット

かっつさんの書き込みをいただいて、AAも調べてみました。



ルーティングは厳しいですけど、マイルが稼げて
お買い得なチケットが357ドル(税込総額)

先月、今後のチケットのために10,000ドル近く
つぎ込んだのため手が出ませんが、探せば
ぼちぼちいいチケットがありますね。

自由のメール



航空券を購入したりで、登録アドレスにメールが届きました。

まったくなじみのない国と国の間を

中東の格安航空会社から威勢の良いメジャーなキャリアが、
びゅんびゅん飛んでいるのだなあ。。。。

と、こういうメールが送られてくると感じます。

ただ、中東系はどんなに安くても諸費用込みで30USドル前後。
やはり欧州のRyanairや、Airasiaの航空券の安さは
際立っていますね。

中東作戦 準備

6月の半分は、中東を旅する予定です。

日本でゆっくりできるのならば、
時間とお金をかけビザ取りの準備ができるのですが、
こういう生活ですとそれもままなりません。

また、せっかくたまったマイルで、この地域に飛ぼうと思っても、
制限があったり、発券まで時間がかかったりで
なかなか思うように事が運びません。

そんな苦しいやりくりな今回の旅程を組むにあたって
重宝しているのが、中東の格安航空会社。



Air Arabia エアアラビア

☆ DXBからCMBに200ドル程度で一気に飛べたりしてよい!
☆ イランにも便があります。
☆ シャールジャ国際空港(SHI)ベース
☆ 航空券価格はメジャーなキャリアの半額程度。



Jazeera Airways ジャジーラ航空

☆ イランにも便があります。一か月前のKWI-IKAで3000円程度から!




サヌアまでのFREE航空券。
最終的には往復14,000円前後(TAX等混みこみで)ですが、安いです。

航空券の値段なんかにこだわりすぎると、旅行本来の主旨から
ずれてしまいがちですが、今回はなんとか急ぎ足ながら日程の
組み立てをほぼ完了させました。

日本で準備するとなると、一週間がかりだったり、
レターや招待状を要求される場合もありますが、

空港でアライバルビザ(1week/50ドル前後)が発給されるイランや、

レバノンやトルコからの国境からだとボーダービザが
容易に手に入れられるシリアなど、

現地の旅行予算からするとエアで飛び回るのは結構な出費なのですが、
ビザがとれる取れないで疲労しがちな中東や中央アジアの国々で
急ぎ足の旅行をするのであれば、格安航空会社も使い勝手がありそうです。

それにしても、中東の勢いのある航空会社が、
早く3大アライアンスに入ってこないかなぁと思う
今日この頃。










US発券

9月の運び屋強化月間の下準備をしなければなりません。

燃油サーチャージは下がる気配なし。

日本発の格安クラスは、なかなか値段が下がらない気配です。
特に9月初旬はいい値段で、躊躇しちゃう値段ですね。

ですが、いつか下がるだろう、なーんて思っていても、
出発が近くなってからの値下げでは、
思い通りのルーティングで旅程が組めず、泣く泣く
高いクラスのチケットを買ったりすることになり、考えもの。

予定さえ決まっていれば、早く発券した方がよい。

というのが、経験から得られた持論。

つーことで、早速準備開始です。

まず。

9月初旬のY!Travelの最安価格は、
燃油サーチャージやTAXを抜いて10万円スタート。

ガチガチの動かせないチケットが14万円とかになるのか、
パスですね、パス。



UA日本サイトはこの通り。TOTAL金額は15万円中盤。
諸条件から考えると格安航空券より良いかも。クラスはWかな?

でも高くなったなぁ。。。



で、同じ日に逆戻りのUA.comのアメリカ発券。

TOTAL金額は1280ドル位。安い順に並べると、NHを引っ張ってきてしまう。
やはりUS発券のが安そうだ。

こちょこちょやっていて驚いたのがNYC-SIN




NYC-NRTより安いぞ???

21000マイル位飛んで、13万円以下となると
なかなかお買い得感あり。クラスはWだろから
SWUでアップグレードも狙えるかもしれない。

ということで、購入作業を進めています。
んなことをやっているうちに、貫徹。

空が明るくなっちゃったぞ?












福岡の友人

が今朝の成田の強風で羽田に飛ばされてしまいました。

開港30年やら、A380の成田就航日だったりするちょっとした
記念日なのに、波乱の幕開けです。

友人は夕方のNRT-SFOの乗り換えまで
時間がたっぷりあったのでよかったよかった。

彼はJL、私はUAでSFOに向かいます。

飛んでる飛行機 成田編 その2



場所は茨城県稲敷郡河内町。

このあたりは、小さな飛行場が二つくらいあり、
上手に空域を分けてB747からセスナまで、
さまざまな飛行機が飛び交っています。

年度始めの航空会社 2

やれやれ、

今度はアメリカン航空が大混乱。原因はMD80の再整備のようですが、
ただでさえお荷物な30年選手。はやく引退させたいところでしょう。。。。

Tomoさんの書き込みで、SKYBUSも運行停止した模様。

ま、この航空会社は、当初アメリカ人だけにしか航空券を
発券しなかったり(途中からカナダ人もOK)、いろいろ
問題点も多かったので、それみたことか!

という気がしないでもありません。

個人的にはメジャーなキャリアーと

JETBLUE,ALASKA,SOUTHWESTそしてVIRGIN AMERICA
あたりが残ってくれれば問題ないのですが、
航空業界はホント厳しいですね。

この厳しさを背景に、サービスの縮小や労働者への
しわ寄せが来ることはいつものことなのですが、
なんだか寂しいですね。。


年度始めの航空会社

毎年春になると、航空会社が

やれ、システム。やれ、スケジュール変更や機材変更に伴うドタバタ。
などなど、いろいろあります。

まずアロハ航空が運行停止。

我らがUAもリンクのドタバタで、かなりの
混乱があったようですし(masaさん情報サンクスです!)、

某社は予約発券のシステムのリンクがおかしくなり
丸一日予約ができず。。。

ま、いろいろありますが。

LHRをハブにするあの航空会社。

日本着のフライト、ほとんど手荷物が届いておらず、
フライトあたりのミスコン、ロストバゲッジが
200個以上でているという恐ろしい状況のようです。

この航空会社の貨物や荷物の未着件数は
良くて20件、悪い場合が70件程度と。。。
それまででも他社を圧倒していました。

その話を聞いただけで、唖然としてしまうのに、

今は、200件を超えるという強烈な状況。

ロストバゲージ担当の方が体を壊さないか、心配です。
自分ではどうにもならないことで、お客さんに謝ったり、
説明したりするのは相当なストレスかと思います。

大昔、チェクラップコックが開港した際、HKGからの
貨物や手荷物が立て続けに行方不明になり、相当
ドタバタした経験がありますが、今回のLHRの完全停止不能状態は
相当悲惨な状況だと思います。

LHR、とくの経由便でほかのヨーロッパ諸国へ向かう方。注意です。

<< | 2/8PAGES | >>